開業・経営・法務・会計・コンサルタント・税金・税理士・新宿・歌舞伎町・六本木・渋谷・秋葉原・錦糸町
デリヘル・デリバリーヘルスニューハーフヘルス・出張SPA・治療院・出会い系喫茶・メンズエステ・
キャバクラ売り専ガールズバー・ホストクラブクラブスナックレンタルルーム

突然の国税局・税務署の調査立会可能

【風俗営業許可専門】やちよ法務行政書士事務所
東京近郊で豊富な経験と実績。風俗営業の確実な許可取得や会計・税務申告をお手伝いいたします!!




  更新情報 ※H30.5.22
  統計情報他記事ページ更新

デリバリーヘルス開業の流れ

マーケットリサーチ&テクニカルリサーチ
(コンセプト営業戦略を練る)



やちよ法務行政書士事務所では警察の届出だけでなく、数多くのデリへル事務所を法務・会計・税務から関与しているため、最初の立ち上げから資金繰、各種管理フォームの作成・提案、ホームページ等の広告まで、一貫した指南が行えます。



◈営業開始後の注意点

営業者は接客従業者の生年月日や国籍を確認し、名簿を作成して届け出た営業所に確認した資料と共に備え付けなければなりません。
 (平成26年10月17日より本籍地の確認は不要となりましたが、従業者名簿の管理・保存は厳しいため、必ず作成しておきましょう。)
18歳未満の者を従業者として使用することはできませんので、必ず確認することが必要です。
知らなかったでは済まされませんので、必ず年齢が確認できるものを提出してもらい、コピーして名簿と共に保管しておく必要があります。

この従業者名簿の保管義務は、従業者の退職後も3年間は、事務所に保管しておくことが必要ですので、従業者がやめたからといって破棄してはいけません。